これで安心!住宅ローンの選び方

ローンは思い通りには組めない

一般家庭の人が家を購入する場合には、キャッシュで一括で購入するよりもローンを組む人の方が多いです。ローンは銀行等でも組むことができますが、銀行によって金利やローンの内容が違っています。またローンを組むにしても必ずしも全員が組むことができるわけではなく、事前に銀行側も借入希望者の収入面等を審査して確実に返済してくれる環境にある人かどうかを判断してローンを組むことに対して可否を判断します。そのため、借入をする側としても金利を抑えることができるローンを希望しますが、必ずしも希望通りになるとは限らないのです。借入をする金額自体が大きいので小さな金利差であっても金額にすると相当額の差になることは心得ておくべきことです。

繰り上げ返済の注意点

ローンを組む期間、長きにわたって返済をしていきますが、借入金額の大きさ、借入期間を考えると金利負担額も大きくなります。低い金利のローンを選択する以外にも金利を抑える方法があります。それは繰り上げ返済です。ローン返済する以外にお金を貯めて、まとまった時点で貯まった金額を一括して返済に充てる方法です。これにより返済すべき金額が減り、そのため返済期間も短くなるために支払う金利も少なくなります。しかしこの繰り上げ返済で注意すべきことがあります。繰り上げ返済の手続きにおいて手数料がかかりますが、その金額は思いのほか大きいです。そのため繰り上げ返済をする際には百万円単位の金額で返済するべきであり、事前にシュミレーションをおこないその時期に繰り上げ返済をするのがいいのか確認することが必要です。

© Copyright Loan Systematically. All Rights Reserved.